読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色即是空

相棒XT1200Z スーパーテネレで古今東西、撮影の旅

2016/07/23~07/25 福島キャンプツーリング

暑い・・・・。

7/23

避暑を求めて福島へ。

下道をトロトロと走りながら、去年も訪れた曽原湖キャンプ場へ。
到着したのは17時前。

湖畔側のフリーサイトにはGSとアメリカンのお二人様とクラッシック系バイクのソロライダーとカップルと超うるさい若者集団。

そそくさとテント設営してしばし一服。
f:id:sunafukintan:20160818235950j:plain
キャンパーのテントから美味そうな匂いがしてきて、食料調達していないことに気付くw
20時くらいに天の川撮影のためでかけるころには、若者集団以外のキャンパーは就寝している様子。早くね?早朝組なのかな?と思いつつ気を使いながらエンジンをかけます。
気を使ってエンジンをかけても音は変わらないけど・・・・。

撮影予定の桧原湖へ到着。真っ暗な中撮影準備をしてるとたまーに通る車の人はビックリするんだろうなーと思いつつ、とっとと準備を進めます。
スマホで天の川の位置を確認して橋の上から磐梯山越しの天の川を狙います・・・狙います・・・狙い・・・。
はいはい、雲出てきてるしw
1時間ほど待ってみましたが、一向に回復の兆しが見えないので撤収です。

帰りに食料調達してキャンプ場へ帰還。
若者達が大騒ぎしとります。
まぁ経験上、周りが騒がしくても目を閉じれば眠れるもんですが、今からメシ食って寝るまでの間の賢者タイムが台無しです。
まぁともあれ、目くじら立てて怒るまでもないでしょう。少々寒くなってきたので、念のため持ってきたストーブを投入。
テント内を暖めて就寝。

7/24

6時起床。
他のキャンパーは早朝キャンパーだから、もう誰もいないかなと思ったら、俺が一番早起きじゃんw
朝の曽原湖を眺めながら菓子パンとコーヒー3杯。

連泊なのでテントはそのままに本日最初の目的地、雲海に浮かぶ浄土平に向かいます。

さすがに人気のツーリングロードです。ライダーがいっぱい。マスツーライダーだらけです。見渡す限りソロは俺だけっぽい。

雲海ではなく、うっすら霧が発生してるけど空に雲はなく青空が広がっているので雲の上にいることを確信して吾妻小富士に登りはじめます。
f:id:sunafukintan:20160818235504j:plain

20分くらいの軽いハイクですり鉢状の火口をぐるりと回り一番小高い西側?に到着。
思ったとおり、一面雲海!でも高い!雲海の位置が高すぎて何も見えんw

f:id:sunafukintan:20160818235557j:plain
雲一面は素敵だけど、目印になる何かないと高さも広さも分かんない・・・。
2時間ほど粘ったけど状況かわらず、時々襲ってくる霧の塊にカメラを取り出すこともせず、下山。
写真は撮れなかったけど、気持ちいい天気の中ゆっくりできてそれはそれでOK!

福島市内へ降りで「裁ちそば 紅葉亭」で友人と蕎麦ランチ。
何度も来てるけど安定の美味さ。その日の蕎麦がなくなったら閉店なので、予約して取置きしてもらうのが、常等手段。
その後、露天温泉で汗を流し、さらにまったりして友人も天の川見たいって事で、車とバイクで一緒にキャンプ場に帰還。
キャンプ場のオーナーが無断入場発見!とばかりに速攻でかけつけてきたw
事情を話し、穏便に引き上げていきました。

 その後カルガモの親子と戯れたりしながら20時くらいに撮影に出かけ、パシャパシャ撮影して22時くらいにキャンプ場へ帰還。

日曜の夜なので他のキャンパーは誰もいません。
友人が帰るまで夜の湖畔を前に大人時間。今夜は若者の騒ぐ声もないので静かで有意義な時間を過ごせました。

f:id:sunafukintan:20160819000122j:plain

友人が帰った後、すぐに就寝。

昨夜と騒がしさも相まって、本当に静かで落ち着いた幸せな夜でした。

 

7/25

7時に起床して、コーヒー飲んでゆっくりと撤収。

f:id:sunafukintan:20160818235425j:plain

ょうど10時くらいでした。

猪苗代湖経由でオール下道で帰宅。
f:id:sunafukintan:20160818235356j:plain

走行距離686.4km

ほとんど撮影できなかったけど、改めてキャンツーの楽しさを味わえた旅でした。