読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色即是空

相棒XT1200Z スーパーテネレで古今東西、撮影の旅

2016/08/11~08/13 能登撮影ツーリング

撮影の旅 ツーリング

0泊3日 はしゃぎ過ぎたw

8/11 の21時に千里浜なぎさドライブウェイへ向け出発。
安定のオール下道。
長野越えじゃなくて新潟経由で10時間ってとこ。

真夜中の山越えは星空に萌えます。たまらんのです。
途中、道の駅で休憩して満天の星空を眺めながら、目的地ココって事でいいんじゃね?とか考えてしまうほど、たまらんです。
後ろ髪をひかれつつ、闇の中能登を目指します。

千里浜へ到着したのは、8時すぎ。
11時間程、走ってきたけど砂浜見た瞬間テンションMAX!!
走っとる!バイクで砂浜走っとる!ひゃっはーっ!って感じで、もうそのまま海に飛び込んでしまうくらいハシャギました。40過ぎのおっさん一人でw

f:id:sunafukintan:20160825231729j:plain

さすがに疲れたんで、一休み。
マジで海パン持ってくれば良かったと後悔しつつ上半身裸になって、しばし仮眠。
その間にも数台のバイクが通り過ぎていきます。
30分くらいたって日も高くなり、わずかな日陰も消えうせました。
雲ひとつない晴天!海!バイク!最高です!

後ろ髪を引かれつつ、本日の夕景撮影ポイントへ移動開始。
普段周りのライダーには、プロテクター付きの服装じゃないとライダーじゃない!と豪語したりしてますが、暑さには勝てません。
Tシャツ腕まくりでライディング。当然こけるような運転はしません。これでもかってくらいに安全運転です。

通り道にあった巌門に寄り道。
ほうほう結構奇岩が点在しとるんやなー。観光船も出てる。乗らないけど。
結構観光客もいて、賑わってました。f:id:sunafukintan:20160825231811j:plain

目的の機具岩へまでは5分くらいで到着。
おー!これは素敵。f:id:sunafukintan:20160825231919j:plain

岩場まで降りて、下見します。めっちゃフナムシいるw

近景で2つの岩を一緒に入れるには超広角じゃないと無理そうだなー。
ひとまず、夕景撮影地は確認できました。
次に翌朝の朝景の撮影地、見附島へ移動です。

途中、風車が立ち並ぶ景色に遭遇。
方位を確認して、風車越しの天の川が撮れそう( ̄ー ̄)ニヤリッ
運よく、今夜の夜景撮影地も確保できました。

のと里山海道を走り、能登有料道路別所岳SAでおみやげ買って、展望台から能登を一望。オサレな展望台でした。

f:id:sunafukintan:20160825232209j:plain

バイクも数台いました。ソロの女の子ライダーが「こんにちは~」って挨拶してくれたのに、あまりの暑さにグッタリしてたので小声で「ちわっ」としか返せなかった・・・。ごめんね。本当は陽気なオッサンなんだよ。

そんな苦い思い出を残しつつも無事、見附島に到着。
f:id:sunafukintan:20160825232157j:plain
ファミリー多いなぁ~。あっキャンプできるんだぁ~とか思いながら、散歩。
ライダーも結構見かけました。観光客の方もそこそこいました。
f:id:sunafukintan:20160825232203j:plain
ひとまず、場所もわかったので機具岩まで引き返します。
まだ時間に余裕があったので、来たルートとは違うルートを通って垂水の滝と白米の千枚棚田を通るルートで。

垂水の滝は、アレな感じでwロケーションいいけどあれかな~水量が少なかったのかなぁ~
f:id:sunafukintan:20160825232152j:plain
白米の千枚棚田は駐車場待ち状態。バイクは歩道の端にずらーっと20台くらい。
夜になるとライトアップされてキレイらしい。
でも、これだけ人がいるとテンションが激下がりです。あーでもいい場所です。海に光に棚田。素敵です。
f:id:sunafukintan:20160825232147j:plain

道の駅赤神ってシャンクスな場所で休憩をとり、機具岩へ再到着。

カメラマンさんが一人。岩場には降りていかなそうなので、遠慮なく予定していた場所を陣取り三脚を設置。
スマホで日の入り位置を確認して、アングルをシミュレーションして落陽を待ちます。
岩場の上には結構人がいるようでワイワイやっております。
岩場にはフナムシが大量にいらっしゃるので、一般ピーポーは上からの眺望が正解だと思う。
日の入りとともに一気に静かになります。どうやら上にいた人たちも引き上げて言った様子。岩場には俺一人。マジックアワー。至福の時間。
シャッターの音と静かに打ち寄せる波の音。気持ちいい。極上の娯楽時間。
f:id:sunafukintan:20160825232259j:plain

 撮影を終え上にあがるとやっぱり誰もいません。
腹減った。
昼に買ったドンベエをここで食すか・・・。見附島まで我慢するか・・・。
ここは我慢しよう。通行止めの道とはいえ道路の真ん中だし。

昼間に見つけた夜景撮影ポイントへ出発。
あれっ?スマホが充電されない・・・。レーダーも電源ついてない・・・。これはヒューズ飛んだパティーン!
えーーーーーーーっ!このタイミングで~~~~!?
まぁーいいや、撮影ポイントは近いし充電なしでも持ちそうだから、写真撮ってから明るい場所でヒューズ交換しよう。
撮影ポイント到着。
おいっ月!ほぼ満月じゃん!月齢見るの忘れてた。月入りは23時。そのころには、天の川の濃い部分が見えなくなってる計算。ダメだこりゃ。
完全なボンミス。いつもなら犯さないミス。やっぱり疲れてるせいだろうな。
長居してもカメラ出す気にもならないので、残念な気持ちを断ち切りヒューズ交換できる場所を探しながら見附島へ出発。

途中、Kってマークのコンビニを発見。外灯の下でヒューズ交換。ついでにアイスとから揚げ棒を買い、モグモグしながら修理。
地元の方に大丈夫?工具ある?と声をかけていただいたり、カブトムシがバイクにとまったりと色々ありながら無事復活。
コンビニのおばちゃんに気をつけてねぇ~と見送られながら再出発。

本日2度目の、のと里山海道。夜になったら皆さん飛ばしまくってますw
ひたすら左車線走ってました。

見附島に到着。
キャンプサイトには、昼には見かけなかった数台バイクが並んでます。結構メジャーなキャンプ場なのか?とか思いつつ、お湯を沸かし、どん兵衛を食し芝の上に大の字で仮眠。もう蚊でも蟻でもなんでも来い状態w
2時間ほど熟睡して、撮影準備。
1番乗りかと思いきや、すでに先客が2名ほど。見附島ごしの天体か?てか流れ星多いいな?ちょっと調べてみたら今夜は何とか流星群のピークらしい。せっかくなんで便乗撮影。途中強烈な腹痛と戦ってました。
そんなこんなで日の出1時間前。ここから日の出までの1時間くらいのブルアワーが撮りどころ。

f:id:sunafukintan:20160825232233j:plain

御来光を崇めようとチラホラと人も集まってきます。
キャンプ場だけに親子連れも多く、賑やかです。
日の出直前で撮影終了。

皆さん御来光にひとしきりウットリする中、チャチャっと片付け終え、バイクに戻り帰り支度を整え、一足先に見附島を後にしました。後は帰るだけ。

長野経由で帰ろうと思いましたが、さすがに疲れを感じ、来た道をそのまま帰りました。
来た道をそのまま帰るってことは、再度なぎさドライブウェイ。自然とテンションは上がりスタンディングでユラリユラリ。正面から来たパトカーにまっすぐ走ってねーと注意されましたw

f:id:sunafukintan:20160825232218j:plain

途中、強烈な眠気に襲われコンビニの駐車場でバイクに跨ったまま仮眠。
めっちゃ日差しが強かったけど、眠気の圧勝。
トラックが両隣りでエンジンかけっぱなしでも目を開けることもなく眠り続けましたw30分くらいで復活。
おにぎりとからあげ棒食って、エネルギーチャージ。安い!俺安い!
 テント持って行ったのに0泊3日。
振り返れば動きっぱなし。疲れないワケがないw

f:id:sunafukintan:20160825232254j:plain
走行距離:1382km
いやぁ~走った走った。満足じゃ。